Vanilla Letter

日々と読んだ本の感想の記録帖
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - *
「最後に二人で泥棒を」E・W・ホーナング/著
最後に二人で泥棒を―ラッフルズとバニー〈3〉 (論創海外ミステリ)

ラッフルズとバニーシリーズの三作目で最終巻。
今回はこれまでのラッフルズの活躍ぶりと、バニーの最後の挨拶といった構成でした。

二作目ではボーア戦争にラッフルズとともに参戦したバニーが、ロンドンに戻ってきてラッフルズのこれまでの活躍を語るというもの。
今回はバニーの恋人だった女性が登場したり、犯罪学者が登場したりするのですが、ラッフルズってあまりにも秘密主義というか、個人プレーが多い怪盗でした。他に仲間はいなのだから、もうちょっとバニーを信用して、せめてもう少し状況を説明してあげればいいのに、なんでもかんでも秘密にして進めてしまおうというところが悪い癖。
それでバニーが下手な演技をせずに済むという点では良いのでしょうけれど、なんだか読んでいるとバニーが可哀想になってきます。
さらにはラッフルズはバニーを残してボーア戦争を最後に姿を消してしまったのですから(死んだのかどうかは微妙ですが、死んだ模様。ただし、バニーはそれを信じていないっぽい)、酷い男です。
ラッフルズとバニーが通った寄宿学校が登場したりもしたのですが、ラッフルズはあまり模範生ではなかったようで、彼はさぞかし悪行のかずかずを寄宿学校の伝説として残したんだろうなという感じ。それを誤魔化すのも上手かったようですけど。
最後はバニーのかつての恋人からの手紙でしめくくられましたが、結局彼女は本当にバニーが好きだったのだろうかという疑問が。
このシリーズでは、ラッフルズの元恋人やバニーの元恋人が登場するものの、恋愛について詳しく語られることがないのですが、あまりその辺りはどうでもいい感じでした。
* 本/作家名《は》行 *
スポンサーサイト
* - *

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
SEARCH THIS SITE

RSS/ATOM