Vanilla Letter

日々と読んだ本の感想の記録帖
宝塚歌劇にて『ルパン −ARSÈNE LUPIN−』を上演
宝塚歌劇にて『ルパン −ARSÈNE LUPIN−』が上演されます。

公演期間:7月12日(金)〜8月12日(月)ミュージカル
『ルパン −ARSÈNE LUPIN−』
モーリス・ルブラン作「ルパン、最後の恋(ハヤカワ・ミステリ刊/ハヤカワ文庫近刊)」より
脚本・演出/正塚晴彦

[解 説]
フランスの人気小説「アルセーヌ・ルパン」の作家モーリス・ルブラン没後70年となる2012年に発見され話題となっている「ルパン、最後の恋」をいち早くミュージカル化。1921年、パリのイタリア大使館の舞踏会に出席していたレルヌ大公の令嬢は、屋敷からの連絡で急遽呼び戻される。レルヌ大公が謎の死を遂げたのである。悲しみにくれる令嬢は、自身の思いがけない出生の秘密を知り、国際的陰謀の渦に巻き込まれることになる。彼女の4人の親友の一人こそ、アルセーヌ・ルパンその人だった。永遠のヒーローは、如何にしてこの窮地を救うか……。姿なき強敵との死闘が幕を開ける。

グランド・レビュー
『Fantastic Energy!』
作・演出/中村一徳

[解 説]
「躍動」をテーマに、幻想的かつエネルギッシュなシーンを散りばめ、龍真咲率いる若さ漲る月組のフレッシュな魅力を歌、そしてダンスで綴るダンシング・ショー。

こちら、宝塚へ観に行ってきます。
久しぶりの宝塚です。まだ2回しか行ってませんが。
家族から、また宝塚歌劇に観に行きたいと言われているのですが、今回は家族は誘いませんでした。
一番好きなものは、家族の茶々なしにゆっくりと観たいものなのです。
* その他 *
本日の購入本
幽霊伯爵の花嫁 -闇黒の魔女と終焉の歌- (ルルル文庫)

伯爵令嬢の華麗ならざる結婚事情 〜愛だけじゃたりない!〜 (コバルト文庫 み 12-3)
* その他 *
宝塚歌劇「アルセーヌ・ルパン」上演
宝塚歌劇で「アルセーヌ・ルパン」を上演するとのこと。
観に行きたいものです。

2013年 公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】<7月〜10月・月組『アルセーヌ・ルパン(仮題)』『Fantastic Energy!』>
2月28日(木)、2013年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、宝塚大劇場・東京宝塚劇場公演の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。

月組
■主演・・・(月組)龍 真咲、愛希れいか

◆宝塚大劇場:2013年7月12日(金)〜8月12日(月)
一般前売:2013年6月8日(土)
◆東京宝塚劇場:2013年8月30日(金)〜10月6日(日)
一般前売:2013年7月28日(日)

ミュージカル
『アルセーヌ・ルパン(仮題)』
モーリス・ルブラン作「ルパン、最後の恋(ハヤカワ・ミステリ刊/ハヤカワ文庫近刊)」より
脚本・演出/正塚晴彦

フランスの人気小説「アルセーヌ・ルパン」の作家モーリス・ルブラン没後70年となる2012年に発見され話題となっている「ルパン、最後の恋」をいち早くミュージカル化。1921年、パリのイタリア大使館の舞踏会に出席していたレルヌ大公の令嬢は、屋敷からの連絡で急遽呼び戻される。レルヌ大公が謎の死を遂げたのである。悲しみにくれる令嬢は、自身の思いがけない出生の秘密を知り、国際的陰謀の渦に巻き込まれることになる。彼女の4人の親友の一人アンドレこそ、アルセーヌ・ルパンその人だった。永遠のヒーローは、如何にしてこの窮地を救うか……。姿なき強敵との死闘が幕を開ける。


グランド・レビュー
『Fantastic Energy!』
作・演出/中村一徳

「躍動」をテーマに、幻想的かつエネルギッシュなシーンを散りばめ、龍真咲率いる若さ漲る月組のフレッシュな魅力を歌、そしてダンスで綴るダンシング・ショー。
* その他 *
桜、満開 その2
とりあえず、近場で見られるところは見ておこうと結構うろうろドライブしました。
今日はやはり桜の見納めなのか、カメラで撮影している人は多かったです。





続きを読む >>
* その他 *
栗本薫さん、訃報
作家の栗本薫さんが亡くなられたそうで、驚きました。
とてもたくさんの作品を書かれている方ですし、まだまだこれからもたくさん作品を書いていかれる方だと期待していただけに、残念です。
200巻まで出るのではと思っていた「グイン・サーガ」が未完となってしまいましたが、こちらの作品はまだ読んだことがないので、そのうち1巻からゆっくりと・・・。
さすがに気付いたら100巻を越えていたというシリーズには、まだ手を出したことがありませんが、いつかは。
* その他 *
川柳
先日はサラリーマン川柳の候補作が発表されていましたが、第4回あなたが選ぶオタク川柳というのも一般投票を受付中でした。
「人はみななにかしらのオタクです」というコピーがイイです。
なにかしらを極めている人は、それでお金を稼ぐことができればプロで研究者と呼ばれたり匠と呼ばれたりしますが、お金を稼ぐことができなければオタクと呼ばれる・・・と思う・・・。

で、面白かった川柳。
究めても 褒めてはもらえぬ 修羅の道(オタク道:20代) 
聞いてない 誰もそこまで 聞いてない(Vmax:30代)
僕ですか? 昨日の朝から 並んでます(小指の爪:20代)
忘年会 酒とガンオタ 混ぜるな危険(めぐめぐ:30代)

どれに投票するかは考え中。
* その他 *
Windows Vistaのリカバリ
わたしが会社で使用しているWindows Vistaのパソコンが調子悪いので、教育的指導のためリカバリすることになりました。
セキュリティソフトとAdobeReaderがインストールできないので、ネットには繋げないしPDFファイルは見られないしで困った状態だったので・・・。
バックアップは必要なかったので、即座にさくっとリカバリをして初期設定からやり直し、インストールはすべてadministratorで行ったところ、すべてが問題なくインストールできました。
リカバリ前は、インストールの際に必要ファイルをハードディスク内のフォルダに書き込めない状態で、しかもそれがどのユーザーでも発生していたので1週間くらいリカバリするかどうかで悩まされました。
リカバリしたらこんなにVistaが素直になるとは、予想外。
administratorでインストールすると、ユーザーアカウント制御が出ないので楽です。
Vistaって、インストールのときに管理者権限のユーザーでも常にユーザーアカウント制御の画面が出てくるのでちょっと鬱陶しい・・・。
新生VistaではIE7の保護モードを無効にしました。IE7の価値をほぼ無視した状態(苦笑)。
ついでに不要な常駐ソフトもオフに。
ほぼ1日仕事となりましたが、一番の問題は改善されたので満足。
* その他 *

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
SEARCH THIS SITE

RSS/ATOM