そろそろ衣替えをしようとクローゼットの中の整理を始めました。
夏物で今年着なかった服や色褪せなどで来年は着られないような服は処分するため出しておき、冬物も去年着なかった服は処分対象にしたりと分別中です。
どちらかといえば、冬物よりも夏物の方が処分する物は多いようです。
夏物は冬物のニット類と異なり着るたびに洗濯機で洗うので、色褪せや布のくたびれが置きやすく、冬物ほど長い年数が着られません。あと、夏物は白など色が薄い服が多く、洗濯しても汗染みなどが残ってしまい漂白してもきれいな白に戻らないことなどがあり処分対象になることがあります。
色褪せなどが気になり出すと、着るのに躊躇するようになってしまい、結局クローゼットから出さなくなる服も数点発生するので、服を眺めて「うーん」と考え込むようになったら処分対象として退けておくことが増えます。
季節の始めであればそのまま着ずに季節が終わるまで置いておくこともありますが、どうもわたしは「うーん」と感じてしまうとそのまま手を付けなくなる傾向があります。
いわゆる「ときめき」を感じないというものかもしれません。
かなり気分屋の性分である自覚はあるので、ときめかない服は一定期間を置いて処分することにしています。
それでも「着ていないし、良い値段したし」と残したままの服も数点ありますが。
そろそろ見切りをつけたいものです。

0

    今朝はこれまでになく体感温度が下がりました。
    十月も半ばになったので、これくらいの気温が平均なのでしょうが、朝晩が肌寒くなってくると、数日前までの暖かさが懐かしくなります。
    昼間は太陽が照っていると過ごしやすいのですが、曇っていたり日没を迎えると途端に気温が下がっていくのを感じます。
    地球温暖化がますます深刻になっており、海水温の上昇にともない台風が凶暴化してきている昨今ですから、十月中旬の平均気温になるのは望ましいことだとはわかっていますが、やはり寒いのは好きではありません。
    ただ、好きではないというだけで、苦手というほどではないです。
    夏の暑さは怠かったり体調に影響しますが、寒い時期というのは「寒い」と感じるだけです。
    近所のキンモクセイの木に蕾が付き、少しずつ薫りを放ち始めている匂いを嗅ぐと、夏の湿度が高い空気ではこの薫りは楽しめないなと考えたりします。

    0

      10月に入って消費税が基本10%になりましたが、今月になって増税対象で購入したものはガソリンのみです。これは増税されるからといって買いだめできるものではないですし、税金が上がったからといって入れないわけにもいかないので、愛車を走らせるためにガソリンは入れています。
      あとはなにか購入したかと考えてみると、増税対象のものはありませんでした。
      コンビニでパンは購入しましたが、入った店舗がイートインコーナーはない店だったので特に「お持ち帰りですか」と聞かれることもなく支払いは終了しました。
      9月中になくなりそうな化粧品や日用雑貨は購入しましたし、今月に入ってなにか購入しなければならないものはあるかと考えてみると今月出る新刊本くらいしか思いつきませんでした。

      地元で唯一の百貨店が来年閉じられるという話題が一昨日ニュースになった際、果たしてわたしがあの百貨店へ最後に行ったのはいつだっただろうかと考えてみましたが、今年になって一度行ったかいかないかも思い出せませんでした。
      ここ数年はほぼ催し物の物産展のために足を運ぶのみでしたし、その物産展も近頃は覗きに行かなくなってしまいました。美味しそうなスイーツを見ても「あれをぜひ食べたい!」という欲求があまりわかないのです。
      20代の頃は、百貨店で毎月のように新しい服を購入し、バーゲンだセールだといえば買いに行っていましたが、そんな物欲もほとんどなくなりました。
      断捨離やシンプルライフなどが昨今の流行なので、百貨店で高級な物を購入する人も減ってきているのかもしれません。
      ショッピングモールやアウトレットなどで服を購入する機会も増えましたし、そもそも一年間で購入する服の枚数も20代の頃と比べてめっきり減りました。
      世間の個人消費が増えているのか減っているのかはよくわかりませんが、すくなくともわたし自身の衣類への出費は年々減っています。
      そのぶん、旅行やイベントなどで消費しているので、『モノよりコト』にはなっています。
      消費税が上がっても『コト』への出費はそう減るものではないですが、そのぶん『モノ』に費やす金額は確実に減っています。
      こればかりは収入と相談しなければ支出できないので。

      0

        台風19号が近づいてきていますが、最近、母は台風に備えるニュースを見るたびに「カセットコンロを買っておこうか」「発電機を買おうか」「水を入れるタンクを買おうか」と言います。

        我が家はオール電化ではないので、コンロはガスです。しかもプロパンガスなので、停電でガスが使えなくなる心配はありません。どちらかといえば、カセットコンロのカセットボンベを納戸にしまっておいて、夏に猛暑で中のガスが膨張して爆発するリスクが心配がなので却下。
        発電機は「なにに使うの?」と聞いたところ「スマホの充電とか」と言うので、これはモバイルバッテリーがあるので却下。発電機で家中の電気が停止時も点けられるのであれば考えますが。
        水を入れるタンクは1つありますし、後は「お風呂に水を溜めておけばいいのよ」で却下。
        飲み水はミネラルウォーターの備蓄があります。

        さらに「ラジオ付きの懐中電灯を買おうか」と言いますが、懐中電灯はLEDの物が2つと豆電球の懐中電灯が1つあるので却下。ラジオはスマホにイヤホンを挿せば受信できますし、いざとなれば自動車でも聞けます。

        あれこれ買うことよりも先に、勝手口やベランダにあるスリッパなどの小物を家の中に片付けるべきなのに、それはなかなかしようとしないので、わたしがスリッパ等の強風で飛びそうな物は家の中に退避させました。
        今回の台風は強風域には入るものの暴風域は入るのか入らないのかという予想進路なので、まだ雨戸は閉めていません。
        ニュースで流れた養生テープが売り切れている話題に、母は「養生テープってなにに使うの?」と聞くので「雨戸やシャッターがない家やマンションは、窓ガラスの補強のために貼るらしいよ」と言うと「うちの雨戸がない窓にも貼ろうか」と言い出したところで気象予報士が「カーテンを閉めているだけでも窓ガラスの散乱が防げます」とコメントしていたので、養生テープも却下。

        台風に備えるのは良いのですが、なんでもあれこれと買うのではなく、まずはあるものを活用することを考えないと、購入したものの納戸にしまっておいていざとなると使えなくなっていたりする気がします。
        地震に備えて町内会で配られたヘルメットが我が家の納戸にはありますが、いざ地震が起きた際に納戸からヘルメットを取り出してかぶってから津波を避けて避難する、という行動はなかなか難しいように思います。
        本当は玄関の靴箱の上にお守り代わりでヘルメットを常に置いておくのが良いのでしょうけれどね。――わかってはいるのですけれどね、しまってあります。
        台風がきているからといって浴槽に水をためておくわけでもなければ、土嚢を家の周りに積むわけでもないのですが、スマホは充電し、モバイルバッテリーもしっかり充電しました。

        0

          久しぶりにコンビニでアイスコーヒーを購入したところ、ドリップタイプのアイスコーヒーがストローではなくホットコーヒーと同じような飲み口に変わっていました。ストローは店員さんに頼めば貰えるようですが、紙ストローに変わっているとのこと。
          プラゴミ削減の一環のようです。
          わたしはストローでなければ飲みにくいということはないので、ホットコーヒーと同じ蓋に飲み口があるタイプでかまわないのですが、飲料品コーナーにある冷たい飲み物はほとんどがストロータイプなので、商品の一部からまずはプラゴミを減らす活動に取り組むということのようです。
          アイスコーヒーの容器そのものがプラだと、本当に微々たるものだとは思われますが、ローソンはアイスコーヒーもカウンターで入れていただける販売形態なので、紙のコップに氷を入れてコーヒーを入れて蓋をするというタイプでした。

          コンビニで買い物をするときに、「袋は要りません」や「お手拭きください」を言い忘れて、店を出る瞬間に「あ」と思うことがあります。
          出る瞬間になると、「もういいか」となってそのまま出て行くのですが、支払いをする際にぼうっとしていることが多いようです。他に、ポイントで支払うことを考えていたり、レジの上に貼ってあるメニュー表を見て「次はあれを注文してみようかな」と考えてみたり。
          とにかく意識が他のところに向いていると、いろいろと忘れてしまうことも多いものです。
          コンビニで緊張感を持って買い物をするというのも変ですが、もうすこし手元に視線を向けて買い物をするようにしたいものです。

          0

            所用で高松へ行きましたが、空き時間があったので高松城を散策してきました。
            正式には「高松城跡玉藻公園」です。
            四国四県の県庁所在地の城跡の中で、高松城だけはこれまで訪ねたことがなかったので、せっかくの機会だからと行くことにしました。
            入園料は200円。
            天守閣は復元されていませんが、当主が暮らした御殿や資料館、櫓や橋などがありますが、そこまで広くはありません。
            高松港に面しているので、石垣の向こうに海が見える景色も素敵です。

            今回はひとりで行きましたので、とにかく興味が赴くままにぶらぶらと歩き回りました。
            城の中には松や蘇鉄などがたくさんの緑が植えられており、平日にしてはそこそこ観光客らしき姿もあったのですが、混んでいるわけではなかったのでじっくり見ることができました。
            大きな石灯籠が庭に点在しており、御殿に面した庭園には小さな石橋もかかっています。
            江戸時代から存在していたのかどうかは不明ですが、四阿もありました。
            御殿は一般公開されていないので入ることはできませんでしたが、外から窓越しに覗き見ることはできます。畳敷きの広間がありましたが、イベントなどに利用されているようなので、当主が暮らしていた当時のままではないと思われます。
            堀の外を走る琴電の音や車の音などが聞こえるのも、街中の城跡という感じで良いです。
            高松城で暮らしていた松平家は水戸徳川家の流れを汲む家柄で云々、という歴史は、今回資料館の展示を見て始めて知りました。

            太平洋戦争時の空襲で甚大な被害が出ていますが、石垣の修復をしたり、天守閣があった場所の石垣を修復したり、天守閣があった場所が展望台になったりしています。この展望台から城跡がぐるりと見渡せるので、なかなか爽快でした。
            金銭的に天守閣を復元して維持することはなかなか難しいでしょうが、無理に復元しなくても展望台の景色は良いものです。
            櫓はあるので、城跡感があります。
            内堀の外はすっかり開発されてしまっているので公共機関や雑居ビルが立ち並んでいますが、それもまたひとつの城跡の姿という感じです。

            1時間半ほど歩き回って、たっぷり城跡を堪能しました。

            0

              7月から始まったドラマを4本ほど録画し続けているのですが、8月になってもまったく消化できていません。
              1話だけ見た作品がひとつ、他は1話すら見ていないので「これはもう見ないだろうな」と判断し、録画することをやめました。そして、見ないドラマは録画リストから削除しました。残しておくと「見なければいけない」という義務感のようなものが沸いてくるので、さっさと削除するに限ります。
              ドラマを見ないと会社で話題についていけないなどはないですし、話題に上がっても「見てない」と答えるだけですし、見る時間もほぼありません。

              大河ドラマはリアルタイムで見つつ、録画もし、本放送が終わった後で再度録画したものを見るというハマり具合です。本放送のときに気になったり、面白かったりしたシーンを録画で確認しています。展開が早く、たまに「え?」っと思っているうちに場面転換してしまうことがあるので、わたしの中では録画は必須の作品です。

              近頃はテレビを見たい気分にほとんどならないことがほとんどなので、大河ドラマ以外のドラマは未消化のまま夏ドラマは終わりそうです。
              新聞など文字を読むのは疲れないのですが、テレビがついていると少々疲れる状態が続いています。
              いろいろなものが自分の中で飽和状態になってきているように感じます。

              0


                Calendar

                S M T W T F S
                  12345
                6789101112
                13141516171819
                20212223242526
                2728293031  
                << October 2019 >>

                Archive

                Mobile

                qrcode

                Selected Entry

                Link

                Profile

                Search

                Other

                Powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM